こどもの矯正

こどもの矯正の特徴

小学生の時期は乳歯が永久歯に生え変わります。また、 身長の伸びが止まる高校生頃まで、顎の骨の成長は続いています。 歯ならびや咬み合わせに問題があると、見た目だけでなく顎の成長や口腔機能(咀嚼、嚥下、発音)に悪い影響を及ぼすこともあります。 まずはお子さまの問題がどのようなものなのかを知ることが大切です。

いつから始めればいい?

「いつからはじめても結果は同じ」ではありません。
永久歯に生えかわるまでにチェックしておきたい大切なことがあります。
たとえば、

  • 「受け口」
  • 「あごがゆがんでいる」
  • 「歯が咬み合わない」
  • 「口に関係する悪い癖がある」
  • 「あごの成長に関わる不正」など

もし、気になることがありましたら私たちにご相談ください。
現在の状態をわかり易く説明し、治療が必要かどうかをお話します。

小学校低学年

永久歯に生え変わる時期は一人一人異なります。生え変わりの時期や不正の状態によって治療の時期も変わります。レントゲン写真等で確認し、お勧めの時期をお伝えします。
前歯の間が開いている、ガタガタ、出っ歯、受け口などが気になる小学校1~2年生になったら、一度相談してみましょう。
この時期の治療では、歯磨きがしやすくなったり見た目が良くなるだけでなく、何でもよく噛め、健全な身体や心の発達にも役立ちます。 永久歯に生え変わる時期は一人一人異なります。
生え変わりの時期や不正の状態によって治療の時期も変わります。

学校検診で歯列・咬合の異常を指摘されたお子さまへ

学校歯科検診で歯列・咬合の異常を診査するようになったのは比較的最近になってからです。矯正治療に対する知識が無いために重篤な健康被害がでてしまう事を防ぐために大きな意味があります。
しかし、この検診では、かなり程度の重い歯列・咬合の異常だけをチェックすることになっているので、うちの子は歯ならびが悪いのに指摘されなかったという保護者の方もおられるのではないでしょうか。
もし、学校の検診で指摘が無くても、歯列・咬合に異常がある場合も多くあります。指摘があった方はもちろんですが、指摘されなかった方も、矯正歯科専門の歯科医師に相談されることをお勧めします。

特に気をつけたい歯ならびと咬み合わせ

「受け口」 下アゴが上アゴより前に出ている

小学校低学年は上顎の成長が活発な時期にあたり、前歯の咬み合わせが逆であると下の歯が上の顎の成長を抑制してしまいます。
前歯の生え変わりの状態をみて、お子さまに最適な治療開始時期をお話しします。

「交叉咬合」 アゴが左右どちらかにずれている

咬み合わせが左右にずれている、顎が歪んで顔が非対称である等があると成長に伴い歪みが増して、より目立つようになってしまいます。
早い時期に咬み合わせを改善すれば、歪みはそれ以上起こりません。ぜひ適切な時期に治療を始めたい不正の一つです。

子どもの不正咬合

  • 叢生(そうせい)

    叢生(そうせい)とは、顎のスペースが足りない、もしくは歯が大きいために歯が重なって生えている状態です。

    pic_example01
  • 下顎前突(かがくぜんとつ)

    下顎前突とは、咬み合わせた時に下の歯が3本以上、上の歯より前に出ていることをいいます。

    pic_example02
  • 正中離開(せいちゅうりかい)

    前歯の真ん中にすき間がある場合を正中離開(せいちゅうりかい)と言います。

    pic_example03
  • 上顎前突(じょうがくぜんとつ)

    pic_example11

中学生~高校生

中学生になるとすべての永久歯が生えそろいます。身長の伸びが少なくなると顎の成長も終わりに近づきます。
全体の矯正治療を始めるのに最も適した時期になります。
顎と歯の大きさのバランス、口元等を考慮して歯を抜いて治療するか、抜かないで治療するかを決定します。
ひどいガタガタがあるのに無理に並べようとすると、すぐに後戻りしてしまうので、自分に適した治療法を選択することが重要です。十分に検査をして、患者様に最適な治療法をお勧めします。

  • 叢生(そうせい)

    pic_example07-1
  • 上顎前突(じょうがくぜんとつ)

    pic_example08
  • 開咬(かいこう)

    pic_example12
  • 骨格性下顎前突(こっかくせいかがくぜんとつ)

    pic_example10