当院について

わからないことは何でもお聞きください

歯ならびは気になるけど、矯正治療は大変そうで行きにくいとよく聞きます。
確かに、むし歯の治療や歯石を取るため歯科医院に行くのとは全く異なります。

なぜなら、ほとんどの方は矯正治療についての知識が少ししかなく、不安だからだと私は考えます。
自分は今どんな状態で、これから何をされるのか、費用は、装置は、通院は・・
などと考えると気が遠くなってしまうのではないでしょうか?

以前に比べると矯正治療は身近になり、情報も雑誌やインターネットから受け取ることができます。
でも、自分が求める最適な治療は?となると、わからない方がほとんどです。

みなさんもご存知のように、矯正治療には相当な期間が必要です。 時には痛みが出ることもありますし、見かけも気になることがあるでしょう。
でも、きちんと説明を聞いて、ひとつひとつ不安を取り除いていくと、自分にもできるということが分かってきます。

私たちは、快適な環境で矯正治療が受けられるように努め、もっと素敵な笑顔になれるようにみなさまのお手伝いをしたいと考えています。

コンセプト

矯正治療の目的・方法は一人一人異なります。 年齢にかかわらず、その人に適した最善の矯正治療を行い、 美しく健康な歯ならびと咬み合わせを実現します。

矯正歯科専門の技術と知識で治療いたします

矯正治療が可能な歯科医院はたくさんありますが、当院は日本矯正歯科学会の認定医であり 高い技術と知識による治療を提供いたします。

当院は顎口腔機能診断施設として認可されており、 骨格の著しい不正を外科手術を併用した矯正治療により改善することができます。また、自立支援医療指定医院でもあり、厚生労働省に認められた先天異常を伴う不正咬合の治療もいたします。

女性歯科医師による治療

歯科治療について聞きにくいというお声をお聞きすることがよくありますが、
当院では常に話しやすい環境づくりに努めています。
心配な事があれば何でもお気軽にご相談ください。

治療中の口腔衛生状態の向上に努めています

矯正治療では歯磨きが難しく、むし歯や歯肉炎が心配という相談をよく受けます。
当院では毎回、治療前にPMTC(歯のクリーニング)を行い、口腔衛生環境を良好に保つよう努めます。
そのために特別な料金をいただくことはありませんのでご安心ください。

急な不具合や痛みにも対応いたします

矯正装置は装着した状態で生活していただくことがほとんどです。
痛みが強く生活に支障が出た、粘膜に傷ができた、装置が外れた等、予期しない不具合が起こることがあります。

当院では心配な事があれば、いつでもお電話で連絡が取れるようにしています。
治療の必要がある時は休診日や時間外でも診察いたします。急患で診せていただく場合には治療費はいただいておりません。

クラブや習い事、お仕事で忙しい方にも安心して通えます

クラブ活動や習い事、お仕事で遅い時間でないと都合がつかない方でも、事前に予約していただければ時間外でも対応いたします。診療時間や診療日にとらわれなくても大丈夫です。

治療費がわかりやすい

矯正治療費は検査後の診断ではっきりとお知らせし、その後変更することはありません。矯正治療は自費であり高額になることがありますが、無金利の分割払いや振込、クレジット払いも利用できますので安心です。
中学生や高校生など、保護者の方が一緒に来院されない場合などは、別の日に支払いに来られたり、まとめてお支払 いただくことも可能です。ご心配な事があれば何でもご相談ください。

院長紹介

院長 吉田 志乃

1987年愛知学院大学歯学部 卒業
1987年~1998年広島大学歯学部 歯科矯正学講座
1992年日本矯正歯科学会 認定医
1999年日本矯正歯科学会 指導医
1998年~2001年矯正専門開業医 勤務
2001年~よしだ矯正歯科 開設

治療内容

歯ならび・咬み合わせが悪いと

  1. 1

    むし歯や歯周病になりやすい

    歯ならびがガタガタしているとブラッシングの時に歯ブラシの先があたりにくく歯垢(プラーク)が溜まった状態になります。長い時間が経過すると、むし歯や歯周病になり、将来、歯を早く失うことにつながってしまいます。
  2. 2

    十分に噛めない

    歯ならびや咬み合わせが悪いと食べ物を十分に咀嚼することができません。  柔らかいものばかり食べたり、硬いものを避けるようになると顎の形にも悪い影響がでる事があります。
    胃腸にも負担になるため健康のためにも改善することが望まれます。
  3. 3

    顎の成長・発育に悪い影響をおよぼす

    歯の位置が悪く、避けるように顎をずらしたり、受け口で顎が前に出たまま長い年月が 経つと、顎が非対称に成長し歪んだ顔になったり、上顎骨の前方への成長が抑えられ、顔の中央が本来の大きさにならなくなる場合があります。
    このような影響は長い時間をかけ少しづつ変化するので気づきにくい事ですが、矯正治療によって改善することが可能です。
  4. 4

    こころにも影響することがあります

    歯ならびや口元が悪いと大人だけでなく子どもでさえもコンプレックスを持つようになります。
    人前で笑うのが恥ずかしくなったり、人とのコミュニケーションが苦手になり消極的になったりします。
    身体だけでなくこころの健全な発達にも影響する大切なことだと考えています。
  5. 5

    発音や嚥下にも影響します

    口腔機能には咀嚼・発音・嚥下の3つがあります。咀嚼(噛むこと)についてはよく知られていますが、発音や嚥下についてはあまり意識していないのではないでしょうか。
    はっきりと発音できない、飲み込みにくい等が歯ならびや咬み合わせが原因のこともあるのです。これらの機能はすべて生きていくうえで重要なものばかりです。

治療の流れ

  1. STEP 1

    カウンセリング

    (約30分)

    歯ならびや咬み合わせの状態を診察し、治療方法や使用装置、治療期間、治療費についての大まかな説明を行います。

    説明を聞いた後に治療を行うかどうかを決めて、検査の予約をお取り下さい。

  2. STEP 2

    検査

    (約20分)

    具体的な治療方針を決定する為に、頭部や顎関節のレントゲン、上下の歯型、お口・お顔の写真、むし歯・歯周病の有無の診査をいたします。

  3. STEP 3

    診断

    (約30分)

    精密検査の結果について、それぞれの患者様に最も適した治療方針、及び治療に必要な期間を説明いたします。使用する矯正装置について、患者様のご希望をふまえ最終的に決定いたします。

  4. STEP 4

    治療開始

    (約50分)

    矯正装置を歯に装着します。
    初回は少し時間がかかります。

    装置装着後は注意事項を説明しブラッシング指導を行います。

  5. STEP 5

    3~4週間ごとの調整

    (約30分)

    3~4週間毎に矯正装置の調整を行い、歯を移動します。
    治療前には毎回、歯のクリーニングを行います。

    治療の進行について、毎回説明いたします。
    不明な点は、遠慮なくお聞きください。

  6. STEP 6

    保定期間 定期観察

    (約15分)

    移動させた歯が安定するまで、歯の裏側に見えない保定装置を装着して、一定期間固定します。

    装置が外れたり、歯が動いていないかをチェックし、歯のクリーニングを行います。

  7. STEP 7

    保定修了 治療完了

    (約15分)

    歯ならびが安定したら保定装置を撤去して、矯正治療を終了します。

    お疲れさまでした。
    心配なことがあれば、いつでもご相談下さい。

こどもの矯正

こどもの矯正の特徴

小学生の時期は乳歯が永久歯に生え変わります。また、身長の伸びが止まる高校生頃まで、顎の骨の成長は続いています。 歯ならびや咬み合わせに問題があると、見た目だけでなく顎の成長や口腔機能(咀嚼、嚥下、発音)に悪い影響を及ぼすこともあります。 まずはお子さまの問題がどのようなものなのかを知ることが大切です。

いつから始めればいい?

「いつからはじめても結果は同じ」ではありません。
永久歯に生えかわるまでにチェックしておきたい大切なことがあります。
たとえば、

  • 「受け口」
  • 「あごがゆがんでいる」
  • 「歯が咬み合わない」
  • 「口に関係する悪い癖がある」
  • 「あごの成長に関わる不正」など

もし、気になることがありましたら私たちにご相談ください。
現在の状態をわかり易く説明し、治療が必要かどうかをお話します。

小学校低学年

永久歯に生え変わる時期は一人一人異なります。生え変わりの時期や不正の状態によって治療の時期も変わります。レントゲン写真等で確認し、お勧めの時期をお伝えします。

前歯の間が開いている、ガタガタ、出っ歯、受け口などが気になる小学校1~2年生になったら、一度相談してみましょう。
この時期の治療では、歯磨きがしやすくなったり見た目が良くなるだけでなく、何でもよく噛め、健全な身体や心の発達にも役立ちます。
永久歯に生え変わる時期は一人一人異なります。
生え変わりの時期や不正の状態によって治療の時期も変わります。

学校検診で歯列・咬合の異常を指摘されたお子さまへ

学校歯科検診で歯列・咬合の異常を診査するようになったのは比較的最近になってからです。矯正治療に対する知識が無いために重篤な健康被害がでてしまう事を防ぐために大きな意味があります。
しかし、この検診では、かなり程度の重い歯列・咬合の異常だけをチェックすることになっているので、うちの子は歯ならびが悪いのに指摘されなかったという保護者の方もおられるのではないでしょうか。
もし、学校の検診で指摘が無くても、歯列・咬合に異常がある場合も多くあります。指摘があった方はもちろんですが、指摘されなかった方も、矯正歯科専門の歯科医師に相談されることをお勧めします。

特に気をつけたい歯ならびと咬み合わせ

「受け口」 下アゴが上アゴより前に出ている

小学校低学年は上顎の成長が活発な時期にあたり、前歯の咬み合わせが逆であると下の歯が上の顎の成長を抑制してしまいます。
前歯の生え変わりの状態をみて、お子さまに最適な治療開始時期をお話しします。

「交叉咬合」 アゴが左右どちらかにずれている

咬み合わせが左右にずれている、顎が歪んで顔が非対称である等があると成長に伴い歪みが増して、より目立つようになってしまいます。
早い時期に咬み合わせを改善すれば、歪みはそれ以上起こりません。ぜひ適切な時期に治療を始めたい不正の一つです。

子どもの不正咬合

  • 叢生(そうせい)

    叢生(そうせい)とは、顎のスペースが足りない、もしくは歯が大きいために歯が重なって生えている状態です。

    pic_example01
  • 下顎前突(かがくぜんとつ)

    下顎前突とは、咬み合わせた時に下の歯が3本以上、上の歯より前に出ていることをいいます。

    pic_example02
  • 正中離開(せいちゅうりかい)

    前歯の真ん中にすき間がある場合を正中離開(せいちゅうりかい)と言います。

    pic_example03
  • 上顎前突(じょうがくぜんとつ)

    pic_example11

中学生~高校生

中学生になるとすべての永久歯が生えそろいます。身長の伸びが少なくなると顎の成長も終わりに近づきます。
全体の矯正治療を始めるのに最も適した時期になります。
顎と歯の大きさのバランス、口元等を考慮して歯を抜いて治療するか、抜かないで治療するかを決定します。
ひどいガタガタがあるのに無理に並べようとすると、すぐに後戻りしてしまうので、自分に適した治療法を選択することが重要です。十分に検査をして、患者様に最適な治療法をお勧めします。

  • 叢生(そうせい)

    pic_example07-1
  • 上顎前突(じょうがくぜんとつ)

    pic_example08
  • 開咬(かいこう)

    pic_example12
  • 骨格性下顎前突(こっかくせいかがくぜんとつ)

    pic_example10
  • 大人の矯正

    今からでも遅くない

    「矯正治療は子どもの頃に行うもの」と思っていませんか?最近では仕事をしながら矯正治療するという方も増えています。
    基本的に年齢制限はありません。当院でも多くの方が治療されています。

    歯周病があると歯を支える骨が吸収し歯の移動が難しくなりますが、部分的に治療することもできますので、ぜひ一度ご相談ください。

    仕事をしながらでも治療ができる

    • 表側からの目立たない矯正

      今までの矯正装置は「銀色の装置が笑った時や歯を見せた時に目立つ」と気にされていませんか?
      当院では、歯の表側に付ける装置も透明で目立ちにくい装置を使用しております。
      また、矯正装置につけるワイヤーもゴールドの物を使用しています。銀色のワイヤーと比較しても目立ちにくくなっています。

    • 上顎はリンガル(歯の裏側)、下顎は表側につける矯正

      歯の裏側に付けて歯を動かす矯正装置をリンガルブラケットと言います。
      上顎にリンガルブラケットを使用すると、矯正治療をしていることがほとんどわかりません。
      一方、下顎は普段からあまり見えにくく、装置がついていても気づかれにくいため、透明なブラケットを使用しても気づかれにくいです。

      上顎はリンガルブラケットを使用し、下顎は目立ちにくい透明な装置を使用して矯正治療を行えば、 目立ちにくいだけでなく、費用も抑えて矯正治療を受けることができるのでお勧めです。

    部分矯正

    一部だけの部分矯正

    患者様の歯の状態やご希望によっては、一部だけ部分的に矯正装置をつける部分矯正を受けることも可能です。
    通常の矯正治療期間は1年~1年半かかりますが、部分矯正はそれよりも短い期間で治療でき、費用も抑えることができます。
    ただし、部分矯正がお勧めできない場合もありますので、ご相談ください。

    ただし、奥歯や気になるところ以外の歯に問題がある場合などは上下の歯をちゃんとかみ合わせる為に、部分矯正だけでは終わらず全体的な治療になることもあります。

    大人の不正咬合

  • 上顎前突(じょうがくぜんとつ)

    pic_example04
  • 開咬(かいこう)

    pic_example05
  • 空隙歯列(くうげきしれつ)

    pic_example09
  • 料金案内

    保険適用について

    矯正治療は一般に保険が適用されない自費治療となります。そのため、治療方法や装置に何を用いるかで治療費が決まります。
    顎変形症、先天異常に伴う不正咬合の矯正治療には保険が適用される場合があります。
    詳しくは直接ご相談ください。

    保険適用される厚生労働省が定める疾患

    • ■ 唇顎口蓋裂
    • ■ ゴールデンハー症候群(鰓弓異常症を含む)
    • ■ 鎖骨・頭蓋異形成症
    • ■ クルーゾン症候群
    • ■ トリーチャーコリンズ症候群
    • ■ ピエールロバン症候群
    • ■ ダウン症候群
    • ■ ラッセルシルバー症候群
    • ■ ターナー症候群
    • ■ ベックウィズ・ウィードマン症候群
    • ■ 尖頭合指症
    • ■ ロンベルグ症候群
    • ■ 先天性ミオパチー
    • ■ 顔面半側肥大症
    • ■ エリス・ヴァン・クレベルド症候群
    • ■ 軟骨形成不全症
    • ■ 外胚葉異形成症
    • ■ 神経線維腫症
    • ■ 基底細胞母斑症候群
    • ■ ヌーナン症候群
    • ■ マルファン症候群
    • ■ プラダーウィリー症候群
    • ■ 顔面裂
    • ■ 筋ジストロフィー
    • ■ 大理石骨病
    • ■ 色素失調症
    • ■ 口-顔-指症候群
    • ■ メービウス症候群
    • ■ カブキ症候
    • ■ クリッペル・トレノーネイ・ウェーバー症候群
    • ■ ウィリアムズ症候群
    • ■ ビンダー症候群
    • ■ スティックラー症候群
    • ■ 小舌症
    • ■ 頭蓋骨癒合症
    • ■ 骨形成不全症
    • ■ 口笛顔貌症候群
    • ■ ルビンスタイン-ティビ症候群
    • ■ 常染色体欠失症候群
    • ■ ラーセン症候群
    • ■ 濃化異骨症
    • ■ 6歯以上の非症候性部分性無歯症

    こども・部分矯正治療料金

    相談料 治療時期、治療方法、治療費について説明します。 3,000円
    検査料 レントゲン、歯の型、顔や口腔内の写真をとります。 30,000円
    診断料 検査結果をもとに治療について説明します。 20,000円
    装置料 使用する装置の料金です。 100,000円~300,000円
    刷掃指導料 矯正治療中の歯の磨き方を指導します。 1,000円
    調節料 矯正治療中の歯の磨き方を指導します。 5,000円(来院毎)
    観察料 口腔内チェックや歯のクリーニングを行ないます。 3,000円(来院毎)

    ※価格は全て税抜き価格です。

    全体の矯正治療料金

    相談料 治療時期、治療方法、治療費について説明します。 3,000円
    検査料 レントゲン、歯の型、顔や口腔内の写真をとります。 60,000円
    診断料 検査結果をもとに治療について説明します。 20,000円
    装置料 使用する装置の料金です。 450,000円〜
    刷掃指導料 矯正治療中の歯の磨き方を指導します。 1,000円
    調節料 矯正治療中の歯の磨き方を指導します。 7,000円(来院毎)
    観察料 口腔内チェックや歯のクリーニングを行ないます。 3,000円(来院毎)

    ※価格は全て税抜き価格です。

    お支払い方法について

    矯正治療費は高額のため、無利息の分割払い、各種クレジットカードによる支払いが可能です。
    その他、後日、銀行振込による支払いもできますのでご相談ください。

    医療費控除について

    矯正治療費は医療費控除を受けることができます。
    領収書は大切に保管し、同一世帯内で合算して100,000円以上になった場合は、確定申告の時期に医療費控除の手続きをしてください。

    • 手続きには領収書が必要です。
    • 控除額

      =

      医療費の総額ー保険などで補填された額ー所得額の5%もしくは10万円(少ない方)

    診療案内・アクセス

    院案内

    院名 よしだ矯正歯科
    所在地 〒733-0873
    広島県広島市西区古江新町4-18 アルカス大田4F
    電話番号 082-507-7811
    アクセス 広島電鉄宮島線 「古江駅」下車すぐ
    ※駐車場完備しています。
    休診日 木曜日、祝日、第1・3・5日曜日
    参考リンク 日本矯正歯科学会

    診療時間

    10:00~13:00 /
    14:00~18:00 //

    休診日…木曜日、祝日、第1・3・5日曜日
    当院は予約制です。まずはお電話下さい。

    アクセスマップ